海野十三(読み)うんのじゅうざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海野十三
うんのじゅうざ

[生]1897.12.26. 徳島
[没]1949.5.17. 東京
小説家。本名,佐野昌一。早稲田大学理工学部で電気工学を専攻,逓信省電気試験所に勤めた。かたわら推理小説の筆をとり,トリック中心の『爬虫館事件』 (1932) ,専門の科学知識を生かした SF風の『俘囚』 (34) ,『深夜の市長』 (36) などを書いた。丘丘十郎の別名で発表された『軍用鼠』 (37) などの軍事小説も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海野十三【うんのじゅうざ】

小説家。徳島県生れ。本名,佐野昌一。別号,丘丘十郎(おかおかじゅうろう)。早大理工科卒。1923年,逓信省電気試験所研究員となり,1927年,科学的随筆,科学小説を発表。1928年,SF的探偵小説《電気風呂の怪死事件》で雑誌《新青年》にデビュー。《新青年》や《少年倶楽部》などに数多くの少年科学小説や冒険小説を執筆した。《俘囚》《深夜の市長》《浮かぶ飛行島》《火星兵団》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海野十三 うんの-じゅうざ

1897-1949 昭和時代の小説家。
明治30年12月26日生まれ。逓信省電気試験所につとめながら科学小説をかき,昭和3年「電気風呂の怪死事件」で探偵小説界に登場。のち空想科学小説に転じ,日本SFの先駆者となる。昭和24年5月17日死去。53歳。徳島県出身。早大理工学部卒。本名は佐野昌一。筆名は別に丘丘十郎。作品はほかに「俘囚(ふしゅう)」「深夜の市長」「地球盗難」など。
【格言など】恩恵と迫害,神と悪魔との反対面を兼ね備える科学にわれわれはとりつかれている(徳島市の文学碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんのじゅうざ【海野十三】

1897~1949) SF ・推理作家。徳島県生まれ。本名、佐野昌一。逓信省電気試験所技士。日本の現代 SF の開祖的存在。作「地球盗難」「火星兵団」「十八時の音楽浴」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海野十三
うんのじゅうざ
(1897―1949)

推理作家。本名佐野昌一。徳島市生まれ。早稲田(わせだ)大学理工学部を卒業して逓信(ていしん)省電気試験所員となり、1928年(昭和3)『電気風呂(ぶろ)の怪事件』を『新青年』に発表して推理小説家としてデビューした。その後『俘囚(ふしゅう)』(1934)を皮切りにSFの分野に手を染め、『十八時の音楽浴』(1938)などを発表、日本SF界の先駆者の一人になった。理化学的トリックや人体改造、異星人の侵略テーマを得意とし、児童物のSFでは『地球盗難』(1936)、『浮かぶ飛行島』(1938)、『火星兵団』(1940)などがある。[厚木 淳]
『『十八時の音楽浴』(ハヤカワ文庫) ▽『地球盗難』(朝日ソノラマ・ソノラマ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海野十三の関連情報