コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消風散 しょうふうさん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しょうふうさん【消風散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)石膏(せっこう)当帰(とうき)地黄(じおう)防風(ぼうふう)荊芥(けいがい)白朮(びゃくじゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)木通(もくつう)牛蒡子(ごぼうし)知母(ちも)苦参(くじん)胡麻(ごま)蝉退(せんたい)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『外科正宗(げかせいそう)』などに処方が示されている。湿疹(しっしん)じんましんあせもアトピー性皮膚炎水虫などに用い、強いかゆみをともなう慢性の症状に対して、とくに有効とされる。中程度の体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

消風散(しょうふうさん)

漢方薬のひとつ。慢性湿疹などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報