コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清俗紀聞 しんぞくきぶん

3件 の用語解説(清俗紀聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清俗紀聞
しんぞくきぶん

江戸時代,長崎に渡来した中国人から清朝の風俗を聞き,絵図で解説した書。中川忠英編。 13巻。寛政 11 (1799) 年刊。長崎在職中の忠英が,来航する清国商人から通訳を通じて聞き出したもので,おもに江南地方の日常生活,冠婚葬祭などが図説してあり,当時の中国における風俗を知るうえで貴重な資料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

清俗紀聞【しんぞくきぶん】

江戸時代の外国地誌。13巻。1799年刊。1790年代に長崎奉行を勤めた中川忠英(ただてる)が,長崎に来航した清国商人から唐通詞を通じて聞いた清朝乾隆帝時代の福建・浙江・江蘇地方の習俗の記録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぞくきぶん【清俗紀聞】

中国,清代の生活習俗を記した文献。6冊13巻。1799年(寛政11)刊。編者中川忠英は徳川家旗本で,1795‐96年(寛政7‐8)長崎奉行に在職中,同地に滞在した清国人から,清国の風俗習慣を詳細に聞きとり,画師に図絵をかかせ,和文で解説を付したもの。年中行事,居家,冠服,飲食,閭(りよ)学,生誕,冠礼,婚礼,賓客,羈旅(きりよ),喪礼,祭礼,僧徒の13巻に分かち,図絵を付して解説してある。巻頭に林述斎,黒沢惟直(雪堂),中井曾弘の序文(漢文)があり,末尾の跋には,編集に協力した大通事,小通事,画工,清国人の姓名をのせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone