コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水三男 しみずみつお

5件 の用語解説(清水三男の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清水三男
しみずみつお

[生]1909. 京都
[没]1947. シベリア
歴史家。京都大学文学部史学科卒業。唯物史観に立ち日本荘園史を研究,かつ中世村落のもつ文化的役割を重視したが,1943年陸軍補充兵として召集され,45年千島列島守備の任についているときソ連に抑留され,37歳で死去したと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清水三男【しみずみつお】

日本中世史研究者。京都生れ。1931年京都帝国大学卒業後,共産主義運動に入り,1938年に逮捕され,翌年釈放。《日本中世の村落》に代表される研究では,荘園制を国制としてとらえる観点を確立するとともに,村落生活に農民の真の姿を追究し,戦後歴史学の先駆的な成果となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水三男 しみず-みつお

1909-1947 昭和時代前期の日本史学者。
明治42年12月生まれ。和歌山商業でおしえるかたわら,荘園研究をつづける。昭和13年雑誌「世界文化グループ治安維持法違反事件に連座。のち「日本中世の村落」「上代の土地関係」を発表。18年召集され,千島で終戦をむかえる。シベリア抑留中の昭和22年1月27日病没。39歳。京都出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しみずみつお【清水三男】

1909‐47(明治42‐昭和22)
日本中世史研究者。京都に生まれ,三浦周行中村直勝に学び,京都大学の史風を身につける。1931年京大卒業後,共産主義運動に入り,38年雑誌《世界文化》に対する弾圧に関連して逮捕され,翌年釈放された。逮捕以前の清水は東寺領・東大寺領荘園を個別的にとりあげ,マルクス主義的視点からその内部構造,諸階層の矛盾を究明することを通して,日本の封建制度の研究を進めていた。その独自な見方は荘園の中の村や座・市への着目にすでに現れていたが,〈転向〉後の清水はそれを全面的に展開,主著《日本中世の村落》を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清水三男
しみずみつお
(1909―1947)

第二次世界大戦前の日本中世史研究者。京都に生まれる。1931年(昭和6)京都帝国大学文学部卒業。中世史、とりわけ東寺(とうじ)文書を史料とした東寺領の個別荘園(しょうえん)研究に従事する。『日本中世の村落』(1942)、『上代の土地関係』(1943)などの著書で、それまでの中世史研究で荘園が過大視されていることを批判、国衙(こくが)領の相対的重要性を論じるとともに、日本の荘園が西欧のマナーmanorのように独立した経済体をなさず、経済体としての村落が別に存在することを主張、戦後の中世史研究に大きな影響を与えた。38年、京都の「世界文化」グループへの弾圧事件に連座。その後43年に召集を受け、千島で終戦を迎えたが、抑留中の47年(昭和22)シベリアで病死した。[千々和到]
『『清水三男著作集』全3冊(1974~75・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の清水三男の言及

【荘園】より

…伝領関係とともに荘民の多面的な生活を解明しようとした中村直勝,牧野信之助,荘園を律令制以前の田荘(たどころ)と結びつけ荘園絵図,倉庫,港湾にまで視野をひろげた西岡虎之助は後者に属する。その両者を結びつけたのが清水三男であった。清水は国衙領,守護制度の研究に力を注ぎ,民俗学,地理学などとの協力によって村落生活の実態を追究し,荘園を国制とみる観点を打ち出したが,それが天皇支配の積極的肯定につながっていった点も見のがすわけにはいかない。…

【中世社会】より

…他方,西田直二郎の提唱した文化史学の潮流のなかで,中村直勝は文化・思想・経済の大きな転換期としてこの動乱をとらえ,やや異なった観点に立って先の立場を押し出した。この中村の見方は〈転向〉後の清水三男によって受けつがれ,清水は領主の私的な支配下におかれない百姓とその村落に目を注ぎ,中世社会の公的な側面を明らかにしようと試みたのである。 敗戦後,マルクス主義史家のなかで石母田に対してやや批判的立場に立つ松本新八郎は,平泉らとまったく逆の立場から南北朝の動乱を古代と中世とを分かつ画期ととらえ,永原もその見方の影響をうけている。…

※「清水三男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清水三男の関連キーワード三浦周行コスミンスキー三浦関東近世史研究会笠松宏至豊田武三浦圭一八代国治渡辺世祐《日本中世商業発達史の研究》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清水三男の関連情報