懸命(読み)ケンメイ

デジタル大辞泉の解説

けん‐めい【懸命】

[形動][文][ナリ]力のかぎり努めるさま。全力をつくすさま。精一杯。「懸命な努力」「懸命にこらえる」「一生懸命
[派生]けんめいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんめい【懸命】

( 形動 ) [文] ナリ 
力を尽くして頑張るさま。命がけ。精一杯。 「一所-」 「 -な努力」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐めい【懸命】

〘名〙
① 命をつなぐこと。生き長らえること。また、命をかけること。〔文明本節用集(室町中)〕
※鎌倉大草紙(16C中か)「千貫の地を懸命のために給はりける」
② (形動) 命がけのような勢いで物事をすること。必死にがんばるさま。
※旧習一新(1875)〈増山守正〉下「懸命浮沈の大戦に一も奇怪の法を施したる事なきと」
※八十八夜(1939)〈太宰治〉「妻と子のために〈略〉ただ懸命に書いて、お金をもらって」 〔後漢書‐陳亀伝〕
[語誌]多く「(一所懸命の地(土地・所領・知行)」の形で見え、「懸命」と「土地」の固定的連想があったことを思わせる。→「いっしょけんめい(一所懸命)」「いっしょうけんめい(一生懸命)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

懸命の関連情報