コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖陵 こりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖陵
こりょう

島根県北東部,出雲市南西部の旧町域。日本海に臨む。 1951年西浜村と江南村が合体して湖陵村となり,1969年町制。 2005年出雲市,平田市,佐田町,多伎町,大社町の2市3町と合体して出雲市となった。養豚,果樹栽培が行なわれる。明治期から北九州や京阪地区で活躍した西浜商人の出身地。神西湖付近は「神西八景」の景勝地。湖陵温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖陵
こりょう

島根県東部、簸川(ひかわ)郡にあった旧町名(湖陵町(ちょう))。現在は出雲(いずも)市の中西部を占める地域。日本海に面する。1951年(昭和26)西浜(にしはま)、江南(こうなん)の2村が合併して湖陵村となる。新村名は南部の丘陵地と神西(じんざい)湖によった。1969年町制施行。2005年(平成17)出雲市に合併。神西湖の南をJR山陰本線、北を国道9号が走る。西浜地区は明治以降、出稼ぎが多く、西浜商人とよばれ、北九州や京阪方面で呉服商としての成功者も多い。近年、砂地でのブドウ栽培や養豚が盛んになったが、その後養豚は減少している。三部(さんぶ)地区では温泉源が発見された。差海(さしうみ)のハマナスは日本海岸におけるハマナス自生西限地として県の天然記念物に指定されている。[石橋忠男]
『『湖陵町誌』(2000・湖陵町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湖陵の関連キーワード島根県出雲市湖陵町二部島根県出雲市出雲(市)吉岡 隆徳毛綱毅曠ハマナス平田市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湖陵の関連情報