コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆皮 しっぴ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漆皮
しっぴ

漆工技法の一種しかや牛の皮を湿らせて,希望する器物の形に成形し,乾燥後にを塗って固定させたもの。薄手で軽くじょうぶである。飛鳥時代から行われ,奈良時代遺品正倉院法隆寺四天王寺などにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しっ‐ぴ【漆皮】

漆で塗り固めた皮革

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しっぴ【漆皮】

動物の皮で器物をつくり漆を塗ったもの。奈良時代には漆皮が多くつくられた。《延喜式》内匠式に当時の施工材が記載されているが,これをみると,まず板で箱型をつくり,牛または鹿皮を貼りつけ麻ので締めつけて密着させ,乾かし固めたのち型からはずし,表裏面に布着せを行い苧(からむし)を紐にして縁にまわして補強し,次に下地を施し灰墨(はいずみ)の黒漆を塗って仕上げたことがわかる。正倉院宝物には猪の皮の例があり,布着せを行わない例も法隆寺献納宝物のうちにある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しっぴ【漆皮】

漆で塗りかためた皮革。箱・沓くつなどに用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漆皮
しっぴ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漆皮の言及

【正倉院】より

…おもな遺品には金銀山水八卦背八角鏡,銀壺,銀薫炉,金銀花盤などがある。(2)漆工 漆に掃墨を入れた黒漆塗,蘇芳(すおう)で赤く染めた上に生漆を塗った赤漆(せきしつ),布裂を漆で塗りかためて成形した乾漆,皮を箱型に成形して漆でかためた漆皮(しつぴ),漆の上に金粉を蒔(ま)いて文様を表した末金鏤(まつきんる),金銀の薄板を文様に截(き)って胎の表面にはり,漆を塗ったあと文様を研いだり削ったりして出す平脱(へいだつ)(平文(ひようもん)),顔料で線描絵を施した密陀絵(みつだえ)などの技法が用いられた。遺品には漆胡瓶(しつこへい),金銀平脱皮箱,金銀平文琴,赤漆櫃,密陀絵盆などがある。…

※「漆皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漆皮の関連キーワード皮革工芸