コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漉き返し スキカエシ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漉き返し
すきかえし

使用済みの故紙(こし)を水といっしょに煮て繊維状に戻し、ふたたび紙に漉き直すこと、またその再生紙をいう。『正倉院文書』に「本古紙(ほごがみ)」とあるのはおそらくこの紙のことで、実物らしい紙も残っている。奈良時代から行われたと思われるが、多量に漉かれるようになったのは平安時代末期で、初めは故人の遺書などを漉き返したものに経を書き、供養に用いた。やがて廃品再生がおもな目的となり、地位の低下した紙屋院(かんみいん)の主要製品となると、宿紙(しゅくし)とよばれて紙屋紙(かんやがみ)の代名詞のようにもなった。また脱墨が不完全であるために薄墨紙(うすずみがみ)ともよばれ、その雅趣が喜ばれたりもした。中世以後はむしろ下等な懐紙(かいし)となり、京都の西洞院紙(にしのとういんがみ)、江戸の浅草紙、信州(長野県)の上田紙などが庶民に常用された。泉州(せんしゅう)(大阪府)堺(さかい)の湊紙(みなとがみ)も漉き返しの一種で、壁の腰張りによく用いられた。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

漉き返しの関連キーワード西洞院紙紙屋院ちり紙薄墨紙草子紙仙貨紙紙屋紙反故和紙湊紙

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android