濃厚接触者(読み)ノウコウセッショクシャ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

新型コロナウイルス感染者と長時間接触したことで、別の人に感染させる可能性があると保健所が判断した人。自宅待機が要請され、県内では多くがPCR検査に回る。国は判断する際の定義について4月下旬、感染者との接触時期を「発症日以降」から「発症2日前以降」に変更した。距離や接触時間も「2メートル以内」から「1メートル以内で感染予防策をとらず15分以上」とした。

(2020-05-22 朝日新聞 朝刊 山梨全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

知恵蔵miniの解説

新型コロナウイルスに感染していることが確認された患者と、近距離で、または比較的長時間接触し、感染の可能性が高くなっている人のこと。基本的には、マスク着用などの必要な感染予防策を取らずに患者に手で触れたり、対面で互いに手を伸ばせば届く約1メートル以内の距離で15分以上接触があったりした場合などに濃厚接触者とみなされる。保健所は感染がわかった患者から聞き取り調査を行い、発症2日前から入院などに至るまでの間に接触があった人たちについて、接触時のマスクの有無や、会話歌唱かなど接触したときの活動を確認し、その人々が濃厚接触者にあたるかを個別に判断する。濃厚接触者とされた人は、保健所からの指示に従ってPCR検査を受けたり、自宅隔離などを行ったりする。また、検査で陰性になったとしても、感染している可能性を完全には否定できないことから、患者と接触した後の14日間は、健康観察を行いながら不要不急の外出を控えることが求められる。

(2020-11-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濃厚接触者の関連情報