コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯籠人形 トウロウニンギョウ

3件 の用語解説(灯籠人形の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうろう‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【灯籠人形】

紙人形の体内に灯火をともしたり、舞台を灯籠などで飾ったりして操る人形芝居

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうろうにんぎょう【灯籠人形】

民俗芸能で操り人形の一種。操り灯籠ともいう。京都府亀岡市薭田野(ひえたの)町佐伯薭田野神社ほかの佐伯灯籠人形(8月14日夜),福岡県八女市福島八幡放生会福島灯籠人形(9月22~24日),群馬県安中市中宿諏訪神社の中宿灯籠人形(不定期)などがあり,様式はそれぞれ別個である。佐伯灯籠人形は小型の舁き屋台で飾り人形(田遊(たあそび)を内容とする)の神灯籠5基と,操り芝居を演じる台灯籠1基からなり,ろうそく数本を台上に立てて照明とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灯籠人形
とうろうにんぎょう

人形芝居の一種。『看聞御記(かんもんぎょき)』や『満済准后日記(まんさいじゅごうにっき)』永享(えいきょう)4年(1432)の条に「アヤツリ燈炉(とうろ)」などとあるのが初見であるが、その実体は不明。現存は次の3種で、三つとも他に類例がない。
(1)佐伯(さえき)灯籠人形(京都府亀岡(かめおか)田野(ひえだの)) 一間四方ほどの紙製御殿形舞台をろうそくで照らし、義太夫(ぎだゆう)節によって二十数センチメートルほどの小人形を心串(しんぐし)と、手は棒で操る(8月14日)。
(2)八女福島(やめふくしま)灯籠人形(福岡県八女市福島本町) 間口七間もある二階建ての舞台を灯籠で飾り、三味線・鳴物入りで『玉藻前(たまものまえ)』『吉野山』などのからくり人形戯を演ずる(9月21~23日)。人形の大きさは約80センチメートル。1760年(宝暦10)の千灯籠奉納から、人形の初発は68年(明和5)ごろ。国指定の重要無形民俗文化財。
(3)安中中宿(あんなかなかじゅく)灯籠人形(群馬県安中市中宿) 60~70センチメートルほどの紙製の人形の体内に小型の龕灯(がんどう)を入れて人形を浮き立たせる。一名「龕灯人形」ともいい、背景もその後ろに明かりを置いて浮き出させる。特殊な糸操りで人形を遣う。笛、太鼓の囃子(はやし)で『俵小僧』『馬乗り小僧の籠抜け』『清姫綱渡り』などを演ずる(不定期)。初発は1656年(明暦2)ごろ。国指定の重要無形民俗文化財。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯籠人形の関連キーワード糸操りギニョール民俗芸能操り操り芝居操り人形片手人形曽呂間人形手遣い糸操り人形

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灯籠人形の関連情報