コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(パスパルム)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(パスパルム)

暖地で発生の多い葉枯性の糸状菌病。病斑は橙色から灰褐色、楕円形から紡錘形、長さ5mm程度で、古くなると中央部に剛毛を形成し、黒くかびて見える。病 斑周囲は激しく黄化し、病勢が進展すると病斑が融合して葉枯症状となる。病原菌は他のイネ科植物の炭そ病菌と同種だが、寄生性が異なるとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

炭疽病(パスパルム)の関連キーワード炭疽病(ソルガム・スーダングラス)コッホ(Robert Koch)炭疽病(センチピードグラス)炭疽病(レッドトップ)エミリー ルー科学者の道ファイゴンカキ(柿)貯蔵病害遅腐れ病セレサン晩腐病ブドウジネブ炭疽病脾脱疽炭疽菌炭疽

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android