コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為平親王 ためひらしんのう

3件 の用語解説(為平親王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為平親王
ためひらしんのう

[生]天暦6(952)
[没]寛弘7(1010).11.7.
一品式部卿。村上天皇第4皇子。母は藤原師輔女安子。冷泉天皇円融天皇と兄弟。当時冷泉天皇に皇子なく,16歳の為平親王が冷泉の東宮と目されていた。しかし源高明の女を妃としたため,藤原氏から警戒され,弟守平親王 (円融天皇) が東宮となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為平親王 ためひらしんのう

952-1010 平安時代中期,村上天皇の第4皇子。
天暦(てんりゃく)6年生まれ。母は藤原安子(あんし)。康保(こうほう)3年源高明(たかあきら)の娘と結婚。そのため高明の勢力増大をおそれた藤原伊尹(これただ)らの策謀により,東宮の地位を弟守平(もりひら)親王(円融天皇)にうばわれる。染殿式部卿,吏部王とよばれた。寛弘(かんこう)7年出家し,同年11月7日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

為平親王

没年:寛弘7.11.7(1010.12.15)
生年:天暦6(952)
平安中期の皇族。村上天皇の第4皇子で母は皇后安子(右大臣藤原師輔の娘)。康保2(965)年三品,のち一品式部卿に進む。実兄冷泉天皇即位に際し,東宮になって当然の位置にいたが,4年実弟の守平親王(のちの円融天皇)にその立場を奪われた。左大臣源高明の娘が妻だった(結婚は康保3年)から,為平が東宮さらに天皇になれば源氏の思いどおりの世になってしまうことを藤原伊尹,兼通らが恐れ,それを拒んだのである(『大鏡』)。そしてこれが安和の変(969)の原因ともなった。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の為平親王の言及

【安和の変】より

…この事件の真相については諸説あるが,結局は藤原氏の陰謀と考えられる。967年村上天皇が没すると皇后藤原安子(師輔女)の生んだ憲平親王(冷泉天皇)が即位,弟守平親王(円融天皇)が同母兄為平親王を越えて皇太弟となる。これは源高明の女が為平の妃であるのを藤原氏に忌避されたためで,おそらく高明や彼の側近の不満が言動にあらわれ,それが謀反事件に作りあげられたものと想像される。…

※「為平親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

為平親王の関連キーワード婉子内親王慶子内親王嵯峨隠君子荘子女王永平親王広平親王昌平親王盛子内親王(1)楽子内親王理子内親王(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone