コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原安子 ふじわらのあんし

7件 の用語解説(藤原安子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原安子
ふじわらのあんし

[生]延長5(927)
[没]康保1(964).4.29. 京都
村上天皇の皇后。冷泉,円融両天皇の母。師輔の娘。天慶3 (940) 年成明親王 (村上天皇) と成婚,同9年天皇即位により女御,天徳2 (958) 年皇后となる。彼女を中心とした後宮は華美をきわめ,父師輔の権勢の因となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原安子 ふじわらの-やすこ

ふじわらの-あんし

藤原安子 ふじわらの-あんし

927-964 平安時代中期,村上天皇の中宮(ちゅうぐう)。
延長5年生まれ。藤原師輔(もろすけ)の娘。母は藤原経邦の娘盛子。天皇が東宮のとき結婚,即位にともない女御(にょうご),天徳2年(958)中宮となる。従二位。冷泉(れいぜい)天皇,円融天皇,為平親王,内親王の承子,輔子,資子,選子らを生んだ。応和4年4月29日死去。38歳。贈皇太后,太皇太后。名は「やすこ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原安子

没年:康保1.4.29(964.6.11)
生年:延長5(927)
平安中期の中后。右大臣藤原師輔と正一位藤原盛子の娘。村上天皇との間に,冷泉・円融両天皇,為平親王,承子・輔子・資子・選子内親王の3男4女を生む。天慶3(940)年14歳のとき,飛香舎で東宮成明親王(村上天皇)と結婚。同9年4月親王が天皇位につくと女御となり,次いで従三位。天暦4(950)年5月に生まれた第2皇子憲平親王(冷泉天皇)が,7月に立太子する。直前に民部卿藤原元方の娘祐姫が第1子広平親王を出産していたが,立太子を逸し父娘は落胆,3年後元方が,続いて祐姫も死亡する。この父娘の遺恨が,以後「物の怪」となり,冷泉天皇の狂気や,安子死去の要因とされた。天暦10年従二位となり,天徳2(958)年立后,中宮を称した。康保1(964)年4月に選子内親王を出産し,数日後主殿寮で死去。38歳だった。村上天皇の後宮には多くの妻妾たちがいたが,父師輔の後見と相まって寛容で思いやりのある人柄に天皇の信任は厚く,朋輩女御たちとの関係も良好で,身辺奉仕者たちにも温情をかけたといわれる。一方,天皇寵愛の小一条女御芳子に壁の穴から土器の破片を投げつけたり,怒った天皇が兄弟を謹慎処分にすると直談判して勅旨を出させたり,妹登子の入内を拒否するなど気の強い一面もあり,また,天皇の諮問に対し善政を助言する賢い后像もうかがえる。

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのあんし【藤原安子】

927‐964(延長5‐康保1)
平安中期の皇后。〈やすこ〉とも読む。藤原師輔の女で,伊尹(これただ),兼通,兼家と同母(藤原盛子)。940年(天慶3),のちの村上天皇のきさきとなり,女御から皇后となった。冷泉・円融天皇らを生み,村上天皇に女御・更衣が多くいたにもかかわらず,後宮にゆるがぬ権勢をたもった。その逸話は《大鏡》などにみられる。964年4月29日,難産により夫天皇に先立って没し,その最期は《村上天皇御記》にくわしく記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのあんし【藤原安子】

927~964) 藤原師輔の女むすめ。村上天皇の皇后。冷泉・円融両天皇の生母で、外戚政治による一族の繁栄をもたらした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原安子
ふじわらのあんし
(927―964)

村上(むらかみ)天皇の皇后。父は右大臣師輔(もろすけ)。冷泉(れいぜい)(憲平(のりひら)親王)・円融(えんゆう)天皇(守平親王)、為平親王その他多くの親王・内親王の母となった。村上天皇とともに守平の兄為平親王をとくに愛していたが、冷泉天皇即位とともに為平親王は源高明(たかあきら)の女(むすめ)を妻としたため藤原氏の憎むところとなり、親王は東宮になることができず、守平親王が東宮となり円融天皇となった。964年(康保1)選子内親王を産み、まもなく崩じた。宇治(うじ)陵に葬る。のち皇太后、太皇太后を追贈された。兄弟立身の道を図り、師輔の子孫繁栄の基を開き、冷泉天皇即位により藤原氏外戚(がいせき)の基礎を築いた。また村上天皇が師尹(もろただ)の女芳子を女御(にょうご)にし愛したことにより、安子は強い嫉妬心をおこした話は『大鏡』に詳しい。[山中 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原安子の言及

【藤原安子】より

…平安中期の皇后。〈やすこ〉とも読む。藤原師輔の女で,伊尹(これただ),兼通,兼家と同母(藤原盛子)。940年(天慶3),のちの村上天皇のきさきとなり,女御から皇后となった。冷泉・円融天皇らを生み,村上天皇に女御・更衣が多くいたにもかかわらず,後宮にゆるがぬ権勢をたもった。その逸話は《大鏡》などにみられる。964年4月29日,難産により夫天皇に先立って没し,その最期は《村上天皇御記》にくわしく記されている。…

※「藤原安子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原安子の関連キーワード安和の変為平親王藤原兼通藤原公季源俊賢義照蒋承勲尋空藤原為光藤原師経

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone