為政(読み)いせい

精選版 日本国語大辞典「為政」の解説

い‐せい ヰ‥【為政】

〘名〙 政治を行なうこと。
※宝生院文書‐永延二年(988)一一月八日・尾張国郡司百姓等解「抑為之道、猶若魚、優民之心」 〔論語‐為政〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「為政」の解説

い‐せい〔ヰ‐〕【為政】

政治を行うこと。
[類語]政治まつりごと行政施政政策国政国事政事政道万機ばんき経世経国経綸けいりん治国治世統治治政

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「為政」の解説

【為政】い(ゐ)せい

政治を行う。〔論語、為政〕を爲すにを以てせば、譬(たと)へば北辰の其のに居て、衆星の之れに共(むか)が如し。

字通「為」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android