コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為替心理説 かわせしんりせつthéorie psychologique du change

2件 の用語解説(為替心理説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為替心理説
かわせしんりせつ
théorie psychologique du change

パリ大学教授 A.アフタリオンが 1920年代に唱えた為替理論。それまでの為替に関する支配的な学説であった国際収支説 (国際貸借説ともいい,為替相場の変動が外国為替手形の需給によって生じ,需給は2国相互の債権・債務の状態によって決ると考える) と購買力平価説を批判し,為替の需給の根底にある経済外的心理要因を強調した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

為替心理説
かわせしんりせつ
psychological theory of exchange英語
thorie psychologique de changeフランス語

外国為替学説の一つ。第一次世界大戦フランスアフタリヨンによって唱えられた学説で、当時外国為替相場資本逃避や投機などの短期資本移動によって不安定な動きを示していたが、そのような現象を説明しようとしたもの。それまでの為替学説の主流は、為替相場の変動要因を貿易収支などの量的要因によって説明しようとする国際貸借説(国際収支説)や、各国の物価水準(貨幣の購買力)の動向という質的要因を重視する購買力平価説であった。アフタリヨンは、これらの学説は量・質のいずれかの要因に偏っていると批判し、総合理論の樹立を目ざして、限界効用理論外国為替の需給決定に援用した。すなわち、為替相場を左右する外国為替の需給は、為替関係者の外国為替に認める効用、つまり心理的な評価に依存するとし、この評価の変化によって為替相場は変動するとした。この学説は、短期的な為替相場の理論としては評価されるが、長期的には物価や国際収支の動向などの客観的要因が心理に影響することが指摘されている。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の為替心理説の言及

【為替理論】より

…この資産市場アプローチの立場にたてば,時々刻々入る新しい情報が予想を通して外貨ストック需要を大きく変化させ,為替相場をランダムにかつ大幅に変化させることや,また当然,経常収支は均衡しないことなどの変動相場制の経験則がうまく説明できるのである。フランスの経済学者アフタリヨンAlbert Aftalion(1874‐1934)の為替心理説は,為替相場の変動要因として取引当事者の心理状態,とくに予想を重視しているが,この考えは上記の資産市場アプローチに包摂されているとみることができる。
[購買力平価説]
 以上の二つが自己完結的な為替相場理論である。…

※「為替心理説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

為替心理説の関連キーワードグローバルアドレス健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス貞光将棋

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone