コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無念 ムネン

デジタル大辞泉の解説

む‐ねん【無念】

[名・形動]
仏語。妄念のないこと。迷いの心を離れて無我の境地に入り、何事も思わないこと。正念。⇔有念(うねん)
くやしいこと。また、そのさま。「無念な結果に終わる」「残念無念
[派生]むねんがる[動ラ五]むねんさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むねん【無念】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〘仏〙 種々の雑念を生む心を消滅させた状態。正念。 ↔ 有念うねん
悔しく思う・こと(さま)。 「 -至極しごく」 「 -千万せんばん」 「残念-」 「 -の涙」 「 -を晴らす」
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無念の関連キーワード心頭を滅却すれば火も亦涼し筆舌に尽くし難い歯を食いしばる歯噛み・歯嚙みMAKOTO噛み締める壺皿・壷皿斎藤弥九郎恨みを飲む歯を切する引けを取る切歯扼腕鈴木重明剣禅一致其れのみ踏み被りみたくし無想無念涙を呑む高橋正徳

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無念の関連情報