無念(読み)むねん

精選版 日本国語大辞典「無念」の解説

む‐ねん【無念】

〘名〙
① 仏語。
(イ) 想念をはなれた無我境地にはいって何事も思わないこと。正念。無想。⇔有念(うねん)
※梵舜本沙石集(1283)三「無念の修行はこれ有義也。常住の理に叶」 〔白居易‐対小潭寄遠上人詩〕
(ロ) とらわれを去った思い。執着のない正しい思い。
※正法眼蔵(1231‐53)三十七品菩提分法「無念はこれ正念といふは外道なり」
(ハ) 心の動揺をしずめて行なう念仏のこと。
末燈鈔(1333)一「浄土宗にまた有念あり、無念あり。有念は散善の義、無念は定善の義なり」
② (形動) くやしいこと。口惜しいこと。また、そのさま。残念。
江談抄(1111頃)五「不躰凡只無念也。又無其憚一々遺恨也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無念」の解説

む‐ねん【無念】

[名・形動]
仏語。妄念のないこと。迷いの心を離れて無我の境地に入り、何事も思わないこと。正念。⇔有念うねん
くやしいこと。また、そのさま。「無念な結果に終わる」「残念無念
[派生]むねんがる[動ラ五]むねんさ[名]
[類語]悔しい残念口惜くちおしいうらめしい腹立たしい心外しんがいしゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android