心外(読み)シンガイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐がい〔‐グワイ〕【心外】

[名・形動]思いもよらないこと。思いがけないこと。思いがけない仕打ちや予想に反した悪い結果などに対して、腹立たしく感じたり残念に思ったりすること。また、そのさま。「疑われるとは心外だ」「心外結果に終わる」

しん‐げ【心外】

心のほかのそと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんがい【心外】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
思いもよらないこと。意外な・こと(さま)。 「 -な出来事」
予期に反することが起こり、裏切られたような気持ちになる・こと(さま)。 「君までが疑っているとは-だ」 「 -の至り」

しんげ【心外】

心のほか。心以外。心のそと。
心の及ばないところ。 「 -に見風の是非あるべき事を用心して/遊楽習道風見」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心外の関連情報