無水コハク酸(読み)むすいこはくさん(英語表記)succinic anhydride

日本大百科全書(ニッポニカ)「無水コハク酸」の解説

無水コハク酸
むすいこはくさん
succinic anhydride

酸無水物の一つ。コハク酸塩化アセチルないしはオキシ塩化リンなどの脱水剤と加熱すると、分子内で縮合をおこして1分子の水がとれて、5員環の無水コハク酸を生成する。工業的には無水マレイン酸の接触水素化によって製造される。分子式C4H4O3、分子量100.1、融点120℃、沸点261℃、比重1.2340(20℃)。水、エーテルには溶けにくいが、エタノールエチルアルコール)には溶ける。熱水やアルカリ性水溶液によりコハク酸またはその塩になる。

[廣田 穰 2016年11月18日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「無水コハク酸」の解説

無水コハク酸
ムスイコハクサン
succinic anhydride

dihydro-2,5-furandione.C4H4O3(100.07).コハク酸を無水酢酸,塩化アセチルなどと加熱すると得られる.融点120 ℃,沸点261 ℃,128 ℃(1.33 kPa).クロロホルム,エタノールに可溶,エーテル,水に微溶.無水アルコールと反応してモノエステルを,アミンとの反応でモノアミドが得られる.種々の合成反応原料のほか,アルキド樹脂,接着剤,可塑剤の製造原料としても利用される.[CAS 108-30-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「無水コハク酸」の解説

無水コハク酸
むすいコハクさん
succinic anhydride

コハク酸の無水物。融点 119℃の結晶。コハク酸を塩化アセチルやオキシ塩化リンなどと加熱すると生成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android