コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無水コハク酸 むすいコハクさん succinic anhydride

2件 の用語解説(無水コハク酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無水コハク酸
むすいコハクさん
succinic anhydride

コハク酸の無水物。融点 119℃の結晶。コハク酸塩化アセチルやオキシ塩化リンなどと加熱すると生成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無水コハク酸
むすいこはくさん
succinic anhydride

酸無水物の一つ。コハク酸を塩化アセチルないしはオキシ塩化リンなどの脱水剤と加熱すると、分子内で縮合をおこして1分子の水がとれて、5員環の無水コハク酸を生成する。工業的には無水マレイン酸接触水素化によって製造される。分子式C4H4O3、分子量100.1、融点120℃、沸点261℃、比重1.2340(20℃)。水、エーテルには溶けにくいが、エタノール(エチルアルコール)には溶ける。熱水やアルカリ性水溶液によりコハク酸またはその塩になる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無水コハク酸の関連キーワード酸無水物スクシンイミド無水物コハク酸チオキナーゼコハク酸脱水素酵素コハク酸デヒドロゲナーゼブラン則コハク酸(琥珀酸)無水コハク酸(無水琥珀酸)アルケニル無水コハク酸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone