コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片棒 カタボウ

デジタル大辞泉プラスの解説

片棒

古典落語の演目のひとつ。「あかにし屋」とも。初代柳家小せん、三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは逆さオチ。主な登場人物は、親子。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたぼう【片棒】

落語。原話は《軽口あられ酒》(1705)所収の〈気儘(きまま)な親仁(おやじ)〉。ケチ噺の代表作。ケチで蓄財した赤螺屋吝兵衛(あかにしやけちべえ)は,後継者をきめるべく,三人息子に葬式の方法を聞く。長男は粋な方法で,次男は現代的趣向で派手にするという。怒った吝兵衛が三男に聞くと,葬式はせず,棺桶菜漬の古樽で間にあわせて自分でかつぐが,あとの片にこまるという。吝兵衛が〈心配するな。おれが出てかつぐ〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かたぼう【片棒】

駕籠かごなどの担ぎ棒の前側か後側の一方。また、それを担ぐ人。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

片棒の関連キーワード桂文治(9代)桂文治(9世)落語の演題半肩担ぐ古典落語にがい米稲毛氏駕籠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片棒の関連情報