コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牙保 ガホ

3件 の用語解説(牙保の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

が‐ほ【牙保】

売買の仲介。仲買(なかがい)。
盗品の売買・質入れなどの処分を周旋すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がほ【牙保】

仲買い。周旋。牙儈すあい
〘法〙 盗品などの売買など、有償での処分を斡旋あつせんすること。 → 牙保罪

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牙保
がほ

盗品等を処分するにあたり、その有償処分のあっせんをすること。このような行為について、刑法第256条は、改正前に「牙保」と規定していたが、1995年(平成7)の一部改正によって、現在では「有償の処分のあっせん」と改めている。また、刑法第2編第39章の「盗品等に関する罪」は、この改正前には「贓物に関する罪」(いわゆる贓物罪)と規定され、贓物の牙保は贓物牙保罪として処罰された(現在の刑法では、盗品等有償処分あっせん罪とよばれる)。
 本罪における「盗品等」とは、窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任といった財産犯によって領得された財物をいう。そこで、たとえば、窃盗犯人が盗品を売買、交換、質入れするに際し、その仲介・周旋をする行為が有償処分あっせん罪にあたる。日本の判例によれば、有償処分のあっせん行為は行為自体の有償・無償を問わず、仲介・周旋の事実があれば足り、この結果、売買などの契約が成立することを要しないものと解されている。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の牙保の言及

【盗品等に関する罪】より

…盗品などの品物を無償で譲り受けた者,運搬・保管した者,有償で譲り受けた者,またはその有償の処分のあっせんをした者を罰するもの。刑は盗品その他財産に対する罪に当たる行為によって領得された物を無償で譲り受けた者は,3年以下の懲役(刑法256条1項),前項に規定する物を運搬し,保管し,もしくは有償で譲り受け,またはその有償の処分のあっせんをした者は,10年以下の懲役および50万円以下の罰金(同2項)を併科する。…

※「牙保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牙保の関連キーワード仲買株式仲買人鞘を取る仲買人馬博労売仲買牙儈手形仲買人仲介業者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone