牛車腎気丸(読み)ごしゃじんきがん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ごしゃじんきがん【牛車腎気丸】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)地黄(じおう)山薬(さんやく)茯苓(ぶくりょう)沢瀉(たくしゃ)牡丹皮(ぼたんぴ)山茱萸(さんしゅゆ)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)附子(ぶし)牛膝(ごしつ)車前子(しゃぜんし)などを含む。宋(そう)代の医学書『済生方(さいせいほう)』などに処方が示されている。排尿困難頻尿(ひんにょう)、足腰の痛み、むくみかすみ目などに用い、疲れやすい、手足が冷えやすい、顔色が悪いなどの症状がともなうとき、とくに有効とされる。下半身が衰えた高齢の人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報