コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎経活血湯 そけいかっけつとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

そけいかっけつとう【疎経活血湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)地黄(じおう)白朮(びゃくじゅつ)または蒼朮(そうじゅつ)桃仁(とうにん)川芎(せんきゅう)茯苓(ぶくりょう)牛膝(ごしつ)陳皮(ちんぴ)威霊仙(いれいせん)防已(ぼうい)羌活(きょうかつ)防風(ぼうふう)竜胆(りゅうたん)生姜(しょうきょう)白芷(びゃくし)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。腰痛神経痛関節痛筋肉痛などに用いる。中程度の体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

漢方薬のひとつ。関節痛、腰痛などの症状に処方される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android