コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物成 ものなり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物成
ものなり

江戸時代の年貢取箇 (とりか) ,成箇 (なりか) と同義。田畑の本租の意味で本途物成ともいう。これに対し諸種の雑税を小物成という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

物成【ものなり】

本途物成

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ものなり【物成】

田畑からの収穫。
江戸時代、年貢のこと。 → 本途ほんと物成

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物成
ものなり

近世における、田畑の本租の呼称。年貢(ねんぐ)、取箇(とりか)、成箇(なりか)、本途(ほんと)(物成)などともよばれた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の物成の言及

【秋成】より

…その徴収時期には初・中・末があって,初は7月15日から期限の明示なし,中は8月15日から9月1日まで,末は10月15日から11月晦日までとされている。近世になると,《地方(じかた)凡例録》(1794)によれば,関東で畑の年貢=物成(ものなり)を〈夏成〉と称したのに対し,田の年貢を〈秋成〉といったとされる。秋の物成であるから〈あきなり〉といわれた。…

【本途物成】より

…江戸時代の年貢で,田・畑・宅地など検地によって高に結ばれた土地に賦課された本年貢で,たんに本途または物成とも略す。同じく農民に賦課されたものであっても,山野・河川の用益に課せられた小物成(こものなり),冥加(みようが)・運上金などの浮役(うきやく),普請・助郷(すけごう)などに夫役(ぶやく)を提供する諸役と区別される。…

※「物成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

物成の関連情報