コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別支援学級 とくべつしえんがっきゅう

3件 の用語解説(特別支援学級の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別支援学級
とくべつしえんがっきゅう

知的障害,肢体不自由,身体虚弱,弱視,難聴,その他の障害をもつ児童・生徒のために,小学校中学校高等学校および中等教育学校に開設される学級。障害による学習上または生活上の困難を克服するための教育を行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とくべつしえん‐がっきゅう〔トクベツシヱンガクキフ〕【特別支援学級】

小学校・中学校・高等学校または中等教育学校内に置かれる、教育上特別な支援を必要とする児童・生徒のための学級。平成18年(2006)の学校教育法改正に伴い、従来の特殊学級の名称を変更して設置された。特別支援教室。→特別支援教育

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特別支援学級
とくべつしえんがっきゅう

軽度の障害のある児童・生徒を教育するために、小学校や中学校に設置される学級。知的障害、肢体不自由、病弱・身体虚弱、弱視、難聴、言語障害および自閉症情緒障害の児童・生徒を対象とする。特別支援学級の定員は8名が標準であり、きめの細かい指導を行うことができるよう、少人数で編制される。しかし、学級の構成員は多学年にわたっていることが多い。教育内容は、原則として小・中学校の学習指導要領に沿っているが、子供の障害の状態や特性などに応じて、治療的指導、教科補充指導、独自の教科内容による指導など多様な内容についての指導が行われている。
 また、特別支援学級は、小・中学校に設置されているので、通常の学級の児童・生徒と各教科や学級活動、学校行事などをともに行う「交流及び共同学習」が比較的容易にでき、相互の密接な連携のもとに指導が行われている。
 障害のある子供に対する教育は、以前は特殊教育とよばれていた。しかし、2006年(平成18)6月に学校教育法が改正され、2007年4月から、特殊教育を継承・発展させるものとして特別支援教育へ制度改正が行われた。このため、小・中学校に設置されていた特殊学級も特別支援学級とよばれるようになったが、実質的な内容は、これまでとほとんど変更はない。[鈴木 篤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別支援学級の関連キーワード学校教諭後期中等教育高等普通教育中等教育学校1条学校一条校前期中等教育中等学校中高一貫教育校

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特別支援学級の関連情報