コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定秘密

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定秘密

指定されるのは、外に漏らせば国の安全保障が著しく脅かされかねない重要情報、とされる。(1)防衛(2)外交(3)スパイ活動など特定有害活動防止(4)テロ活動の防止の4分野。指定期間は最長5年で、5年ごとに延長できる。30年を超える場合は内閣承認が必要。特定秘密を漏らすと、最長10年の懲役に科せられる。

(2013-11-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐ひみつ【特定秘密】

防衛・外交や特定有害活動テロリズムの防止に関する情報のうち、国の安全保障のため、特に秘匿する必要性のあるものをいう。行政機関の長が指定し、有効期間は上限5年だが、通算30年まで更新可能。それ以上の延長は内閣の承認が必要。→特定秘密保護法特別管理秘密
[補説]特定秘密を漏洩した場合、10年以下の懲役、または情状により10年以下の懲役および1000万円以下の罰金に処される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

特定秘密の関連キーワード「表現の自由」国連特別報告者による訪日調査世界報道の自由度ランキング特定秘密の保護に関する法律カウンターインテリジェンス秘密取扱者適格性確認制度国連人権高等弁務官事務所特定秘密保護法の共謀罪内閣保全監視委員会特定秘密指定管理簿独立公文書管理監特定秘密保護法案情報保全監察室表現の自由調査情報監視審査会国会の公聴会SEALDsツワネ原則秘密保護法特定秘密法防衛秘密

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特定秘密の関連情報