特定秘密

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特定秘密

指定されるのは、外に漏らせば国の安全保障が著しく脅かされかねない重要情報、とされる。(1)防衛(2)外交(3)スパイ活動など特定有害活動防止(4)テロ活動の防止の4分野。指定期間は最長5年で、5年ごとに延長できる。30年を超える場合は内閣承認が必要。特定秘密を漏らすと、最長10年の懲役に科せられる。

(2013-11-02 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

とくてい‐ひみつ【特定秘密】

防衛・外交や特定有害活動テロリズムの防止に関する情報のうち、国の安全保障のため、特に秘匿する必要性のあるものをいう。行政機関の長が指定し、有効期間は上限5年だが、通算30年まで更新可能。それ以上の延長は内閣の承認が必要。→特定秘密保護法特別管理秘密
[補説]特定秘密を漏洩した場合、10年以下の懲役、または情状により10年以下の懲役および1000万円以下の罰金に処される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特定秘密の関連情報