独ソ戦争(読み)どくそせんそう(英語表記)Russo-German War

日本大百科全書(ニッポニカ)「独ソ戦争」の解説

独ソ戦争
どくそせんそう
Russo-German War

第二次世界大戦の重要な一局面をなす1941~45年のソ連とドイツ・イタリアなど枢軸同盟国との戦争。ソ連では「大祖国戦争」Velikaya otechestvennaya voina Sovetskogo Soyuzaとよぶ。41年6月22日ドイツ軍の全面的なソ連領侵攻で始まった。ここに1939年9月以来の英独戦争は、英ソ対ドイツの戦争に拡大された。初め不意をつかれたソ連軍は敗退し、ヒトラーは短期決戦によるソ連征服を豪語したが、ソ連国民はスターリンの指導下に祖国擁護に立ち上がり、ヒトラーの世界戦略を破綻(はたん)させただけでなく、連合国側の勝利に大きく貢献した。43年初めのスターリングラードボルゴグラード)におけるソ連軍の勝利は第二次大戦の決定的な転機となり、以後ドイツ軍は敗退を重ねたからである。45年5月8日、ドイツ軍の無条件降伏で独ソ戦争は終了した。

[吉田輝夫]

『A・ワース著、中島博・壁勝弘訳『戦うソヴェト・ロシア』全二巻(1967~69・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「独ソ戦争」の解説

独ソ戦争
どくソせんそう

1941年6月から45年5月にかけて戦われた,第二次世界大戦中の主要な戦争の1つ
ドイツ・ソ連は1939年以来,不可侵条約を結んでいたが,ナチス−ドイツのバルカン侵略は両国利害を鋭く対立させ,41年6月22日ドイツはソ連攻撃を開始した。初めドイツが優勢で,レニングラードモスクワ・スターリングラード(現ボルゴグラード)を結ぶ線まで進出したが,ソ連もふみとどまり,1942年スターリングラードの戦いでソ連軍の優位が確定し,45年ベルリンの占領で終結した。この戦争と日米開戦によって,第二次世界大戦は,単に帝国主義諸国間の戦争にとどまらず,反ファシズムの戦争という側面をもつようになった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「独ソ戦争」の解説

どくソ‐せんそう ‥センサウ【独ソ戦争】

第二次世界大戦中の主要な戦いの一つ。一九四一年六月二二日独ソ不可侵条約を破って、ドイツはソ連に攻撃を開始、四二年秋までにレニングラード(現サンクトペテルブルク)とスターリングラード(現ボルゴグラード)の線に進出。四三年スターリングラードの戦いで反撃に転じたソ連軍は四五年五月ベルリンに達し、ナチス‐ドイツを崩壊させた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android