コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立権 どくりつけん right of independence

4件 の用語解説(独立権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独立権
どくりつけん
right of independence

国際法上,国家に認められた基本的権利の一つ。主権を対外的側面からみたもので,外国との関係において,外国の支配権力に服することなく,対外・対内事項を処理しうる権利をいう。国家は自己の意思に反して他の国家権力に従属しない,あるいは拘束されないことを意味するので,対外主権とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐けん【独立権】

国家が他国の干渉・拘束を受けないで内政・外交を処理する国際法上の権利。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どくりつけん【独立権 right of independence】

独立権は,国家の基本権の一つとしてあげられることもあるが,近年は,これを一つの権利とせず,主権の一側面として把握する傾向が顕著である。すなわち,主権概念には二つの側面が含まれる。第1は対内的な側面であって,国家権力の国内における最高性または最高性を有する国家権力そのものを意味する。したがって,対内主権としての主権は,領域権と同じ意味になる。第2は対外的な側面であって,国家が外部の支配に従属しないこと,または,そのような国家権力そのものを意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どくりつけん【独立権】

国家が外国の権力に従属することなく内政・外交を処理することのできる国際法上の権利。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独立権の関連キーワード近代国家財産権司法平等権労働基本権国家公務員の労働基本権アゲラタム一つとして本権公務員の労働基本権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

独立権の関連情報