猿真似(読み)さるまね

精選版 日本国語大辞典「猿真似」の解説

さる‐まね【猿真似】

〘名〙 が、人間の動作を見て、そのとおりにまねること。転じて、よく考えもしないで他人のまねをすることを軽蔑していう。本質をわきまえないで、ただうわべだけをまねること。ひとまね。
※日本文化私観(1942)〈坂口安吾〉一「欧米の猿真似に至っては体をなさず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猿真似」の解説

さる‐まね【猿真似】

猿が人の動作をまねるように、考えもなく、むやみに他人の真似をすること。
[類語]まね模倣模擬人まね右へ倣え複写模写複製写し模造紛い物偽物真似事模する倣う見倣うなぞらえる擬するイミテーションカーボンコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android