猿真似(読み)さるまね

精選版 日本国語大辞典「猿真似」の解説

さる‐まね【猿真似】

〘名〙 が、人間の動作を見て、そのとおりにまねること。転じて、よく考えもしないで他人のまねをすることを軽蔑していう。本質をわきまえないで、ただうわべだけをまねること。ひとまね。
※日本文化私観(1942)〈坂口安吾〉一「欧米の猿真似に至っては体をなさず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「猿真似」の解説

さる‐まね【猿真似】

猿が人の動作をまねるように、考えもなく、むやみに他人の真似をすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例