猿真似(読み)サルマネ

デジタル大辞泉 「猿真似」の意味・読み・例文・類語

さる‐まね【猿真似】

猿が人の動作をまねるように、考えもなく、むやみに他人の真似をすること。
[類語]まね模倣模擬人まね右へ倣え複写模写複製写し模造紛い物偽物真似事模する倣う見倣うなぞらえる擬するイミテーションカーボンコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「猿真似」の意味・読み・例文・類語

さる‐まね【猿真似】

  1. 〘 名詞 〙 猿が、人間の動作を見て、そのとおりにまねること。転じて、よく考えもしないで他人のまねをすることを軽蔑していう。本質をわきまえないで、ただうわべだけをまねること。ひとまね。
    1. [初出の実例]「欧米の猿真似に至っては体をなさず」(出典:日本文化私観(1942)〈坂口安吾〉一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android