コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獲麟 カクリン

3件 の用語解説(獲麟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かく‐りん〔クワク‐〕【獲×麟】

《麟は麒麟(きりん)孔子が、その著「春秋」の「西に狩りして麟を獲たり」の句で筆を絶って死んだところから》
絶筆。または、物事の終わり。
臨終。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくりん【獲麟】

〔「麟」は麒麟きりんで、想像上の獣。魯の哀公が西方に狩りをして麒麟を得たことに感心した孔子が、「春秋」に「西狩獲麟」と書いて筆を絶ち、世を去ったことから〕
絶筆。また物事の終わり。 「開闢かいびやくより-に至りて/正統記 神代
孔子の死。また、一般に臨終。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獲麟
かくりん

文章を書くことをやめること、絶筆、擱筆(かくひつ)の意から、転じて、物事の終わりの意となり、さらに孔子の死、臨終、辞世の意ともなった。「獲麟」とは麒麟(きりん)を得たとの意で、中国春秋時代に魯(ろ)の哀公(あいこう)が西方に狩りをし、麒麟をとらえたという故事によるが、孔子が『春秋』を著したとき、「哀公一四年春西狩獲麟」と書いて筆を絶ち、世を去ったと伝えられることによって、上記のような種々の意味に転用される。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

獲麟の関連キーワード騏驎麒麟閣麒麟座麒麟菜麒麟児五虫麒麟血麒麟淡麗<生>冬麒麟キリンホールディングス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone