玉水弥兵衛(読み)たまみず・やへえ

朝日日本歴史人物事典の解説

玉水弥兵衛

没年:享保7(1722)
生年:寛文2(1662)
江戸中期の京都の陶工。楽焼の脇窯といわれる玉水焼を興した。号は一元。生い立ちについての詳細は不明であるが,楽家の4代一入と「こいと」という女性との間に庶子として生まれ,幼名を吉三郎といったと伝える。長じて現在の京都府綴喜郡井出町字玉水に窯を開き,姓を玉水と変え,弥兵衛と名乗った。その窯が京都の南にあることから,南楽家と呼ばれたこともある。一入の作風を手本とし,また,光悦の作風を慕って,巧みな技で自在に作域を広げた。以後,玉水焼は玉水家によって守られたが,江戸末期に8代をもって窯を閉じた。<参考文献>赤沼多佳「光悦・道入・玉水・大樋」(『陶磁大系』18巻)

(矢部良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android