コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王建章 おう けんしょう

百科事典マイペディアの解説

王建章【おうけんしょう】

中国,明末の画家。生没年不詳。泉州の人。字は仲初,号は硯(研),田荘居士。李郭風の山水画仏画などを得意とし,写生は絶芸と称されたと伝える。日本に作品が渡来江戸時代南画に影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうけんしょう【王建章 Wáng Jiàn zhāng】

中国,明末の文人画家。生没年不詳。1620年から60年ころにかけて活躍した。字は仲初,号は硯(または研)田荘居士。福建省泉州の出身。生涯の事跡は明らかでない。画は李公麟風の仏画,人物画,花卉(かき)写生画優品があるが,遺品の大半は山水画で,李郭派(李成郭熙を範とする派),浙派を習ったものから明末の奇険な山容を構図に用いたものまで,豊かで多様な作風を示している。中国ではあまり評価されなかったが,日本では珍重された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

王建章の関連キーワード宮崎青谷

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android