コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口冨士男 ノグチフジオ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口冨士男 のぐち-ふじお

1911-1993 昭和-平成時代の小説家。
明治44年7月4日生まれ。徳田秋声に師事。昭和15年「風の系譜」を発表,都会の庶民生活の哀歓をえがいて評価された。戦後の41年「徳田秋声伝」で毎日芸術賞,51年「わが荷風」で,54年自伝的小説「かくてありけり」で読売文学賞をうけるなど,受賞多数。芸術院会員。平成5年11月22日死去。82歳。東京出身。文化学院卒。本名は平井冨士男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のぐちふじお【野口冨士男】

1911~1993) 小説家。東京生まれ。慶大中退後、文化学院卒。第一小説集「風の系譜」以来、一貫して市井の人間模様を描く。長編評伝「徳田秋声伝」を完成後、「わが荷風」「感触的昭和文壇史」などの批評の分野でも活躍する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野口冨士男の関連キーワードかくて有りけり野口 冨士男仮装人物現代文学豊田三郎野口市井批評

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android