コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球料理 りゅうきゅうりょうり

2件 の用語解説(琉球料理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球料理
りゅうきゅうりょうり

沖縄の郷土料理。中国との交流が盛んであったため,中国料理の影響が強い。料理の多くは油脂 (特にラード) を用い,アンダギイ (揚げ物) ,イリチャア (炒め煮) ,チャンプル (炒め物) などの調理法がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきゅうりょうり【琉球料理】

琉球(沖縄)の料理。明治以前の沖縄は琉球国という小独立国であったが,日中両属の状態であったため,あらゆる面で両国の影響が大きく,料理にもそれが顕著に現れている。宮廷料理は,両国使節の接待をはじめとする各種の儀式や年中行事のため,きわめて豪華な内容のものとなっていたが,明治以後王朝の廃止に伴い,しだいにその豪華さは失われた。しかし,その一部は一般家庭にも普及して,昔日のなごりを今にとどめている。民間の料理は,自然・政治の両面における過酷な条件のもとで生き抜くために庶民が生み出したもので,琉球料理の真髄ともいうべき栄養料理である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琉球料理の関連情報