コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓷器 ジキ

3件 の用語解説(瓷器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ‐き【×瓷器】

土器より堅い焼き物磁器成立以前の原始的なものをさすことが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しき【瓷器】

奈良・平安時代に焼かれた施釉陶器。《和名抄》の器皿部,瓦器の条に〈瓷 唐韵に云う,瓷(疾資反,俗云瓷器,之乃宇豆波毛乃)は瓦器なり〉とあり,当時これを〈しのうつわもの〉と呼んでいたことが知られる。また中国唐代の《一切経音義》に〈瓷器は瓦の類なり。加うるに薬石をもってし,色に光沢あり〉とあって,釉薬を施した陶器を指している。奈良時代の文書には瓷,瓷鉢,瓷油坏などの文字が見えるが,平安時代に入ると,867年(貞観9)の《安祥寺伽藍縁起資財帳》や950年(天暦4)の《仁和寺御室御物目録》に青瓷薫呂,青瓷鉢,白瓷盤などの記載があって,瓷器に青瓷(あおし)と白瓷(しらし)の2種のものがあったことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じき【瓷器】

硬い焼き物。古代では、釉うわぐすりのかかっているものをいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瓷器の関連キーワードデルフト陶器奈良三彩悲田院ファイアンス御息所美濃焼仮髻駅屋灰釉陶器緑釉陶器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瓷器の関連情報