コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良三彩 ならさんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良三彩
ならさんさい

奈良時代に唐三彩をまねて日本で焼かれた軟質陶器。緑,褐,白色の釉 (うわぐすり) を用いて低い火度で焼いた。正倉院に伝わる「正倉院三彩」はその代表的な遺例。『正倉院文書』中にその製法が記されている。現在奈良県を中心とした地域に偏在しており,宮廷や寺院などで使われたらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なら‐さんさい【奈良三彩】

奈良時代、唐三彩にならって日本でつくられた三彩陶器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ならさんさい【奈良三彩】

奈良時代から平安時代にかけて焼かれた低火度の鉛釉瓷で,日本最古の施釉陶器。一般には平安時代の緑釉を含めて奈良三彩,緑釉あるいは彩釉陶器と呼ばれている。当時の文献や古文書には〈瓷〉〈瓷器〉〈青瓷〉〈青子〉などの用語がみられ,シノウツワモノ,アオシと呼ばれていた。著名な正倉院三彩はもと東大寺の什器であったが,950年(天暦4),それを納めてあった羂索院双倉の倒壊によって正倉院南倉に移封されたもので,三彩5点,二彩35点,緑釉12点,黄釉3点,白釉2点,合計57点の器物が伝世している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ならさんさい【奈良三彩】

奈良時代に唐三彩の影響を受けて焼かれた、緑・白・褐の三彩釉陶器。窯跡は不明。正倉院に優品が伝世している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の奈良三彩の言及

【三彩】より

… 盛唐三彩のはなやかな器物は,他国人をおおいに刺激し,渤海国,新羅国,日本国に三彩がつくられる手本となった。とくに日本の三彩は奈良三彩と呼ばれ,かなり忠実に盛唐三彩の施釉法を見よう見まねで倣っている。つづいて晩唐三彩を模倣したのはイスラム圏である。…

【陶磁器】より

… 奈良時代に入ると新たに釉薬を施した陶器が出現する。その一つは正倉院三彩にみられるような低火度の鉛釉陶器であり,一般に奈良三彩,緑釉陶の名で呼ばれている日本最古の施釉陶器である。この彩釉陶器は奈良時代には三彩,二彩などの多彩釉陶が,平安時代には緑釉陶が基調をなしており,当時,瓷,瓷器(しき∥しのうつわ),青瓷などの名称が用いられた。…

※「奈良三彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奈良三彩の関連キーワード賞田廃寺跡加藤卓男奈良時代熊山遺跡日本美術優品窯跡

奈良三彩の関連情報