コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘麦大棗湯 かんばくたいそうとう

1件 の用語解説(甘麦大棗湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

かんばくたいそうとう【甘麦大棗湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)甘草(かんぞう)小麦(しょうばく)大棗などを含む。漢方の古典『金匱要略(きんきようりゃく)』などに処方が示されている。子どもの夜泣きひきつけ、女性の不眠症自律神経失調症などに用い、のぼせ、精神的に不安定などの症状をともなうとき、とくに有効とされる。虚弱体質の女性と子どもがおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘麦大棗湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甘麦大棗湯の関連情報