コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生涯未婚率 しょうがいみこんりつ

3件 の用語解説(生涯未婚率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生涯未婚率
しょうがいみこんりつ

50歳で結婚していない男女の人口に対する比率。配偶者と離婚したり死別した場合を除き,それまでの生涯を独身で通してきた人たちの割合をいう。 1990年に厚生省人口問題研究所生涯未婚率を計算したところ,全国平均では男性 5.6%,女性 4.3%となっており,10年前の調査と比べ,男性は倍増していたが,さらに 95年には男性 9.1%,女性 5.3%と男女ともに急増している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうがい‐みこんりつ〔シヤウガイ‐〕【生涯未婚率】

50歳の時点で一度も結婚したことがない人の割合。45~49歳および50~54歳の未婚率の平均値から算出する。将来的に結婚する可能性が低いと考えられることから、生涯独身者の割合を示す指標として用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生涯未婚率
しょうがいみこんりつ

「45~49歳」と「50~54歳」の未婚率の平均値で、「50歳時」の未婚率を算出した数値。生涯を通して未婚である人の割合を示すものではないが、50歳で未婚の人は将来的にも結婚しない可能性が高いことから、生涯独身の人の比率を示す統計指標として用いられる。日本では1990年代以降、年々この数値が高くなっており、2013年(平成25)版『少子化社会対策白書』によると、男性は20.14%、女性は10.61%(2010年)となっている。30年前の1980年(昭和55)は男性が2.60%、女性が4.45%であった。同白書の年齢別未婚率の推移をみると、25~29歳は男性で71.8%(1980年55.1%)、女性で60.3%(同24.0%)、30~34歳は男性で47.3%(同21.5%)、女性で34.5%(同9.1%)、35~39歳は男性で35.6%(同8.5%)、女性で23.1%(同5.5%)となっており、今後も生涯未婚率は上昇していくとみられる。
 また、国立社会保障・人口問題研究所が2011年に発表した「出生動向基本調査(独身者調査)」(対象は18~34歳未婚者)によると、「一生結婚するつもりはない」と考える未婚者の割合は、1987年(男性4.5%、女性4.6%)以降、緩やかな増加傾向にあり、2010年では男性9.4%、女性6.8%となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生涯未婚率の関連キーワード情事単身同棲独り身坊や間違い死後認知見合結婚結婚したい男たち婚外子と相続差別

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生涯未婚率の関連情報