コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生臭い/腥い ナマグサイ

デジタル大辞泉の解説

なま‐ぐさ・い【生臭い/×腥い】

[形][文]なまぐさ・し[ク]
生の魚や肉のにおいがする。「魚を料理して手が―・くなる」
気持ちの悪いにおいがする。また、血のにおいがする。「―・い風が吹く」
僧が戒律を守らず堕落している。俗臭が鼻につくさま。「―・い坊主」
欲望・利害などがからんでいるさま。「政界と財界との―・い癒着」
生意気である。こしゃくである。
「―・い男呼ばり、置け置け、置いてくれ」〈浄・寿の門松
[派生]なまぐささ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

生臭い/腥いの関連キーワードスターン(Laurence Sterne)死を忘れるな生臭・腥アニリン光明寺飯村上仁史生臭坊主ショウガつくね黒穂病オゾンにおい川魚臭魚説法みそ羶肉洗い悪露俗臭生臭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android