コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生臭い/腥い ナマグサイ

1件 の用語解説(生臭い/腥いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なま‐ぐさ・い【生臭い/×腥い】

[形][文]なまぐさ・し[ク]
生の魚や肉のにおいがする。「魚を料理して手が―・くなる」
気持ちの悪いにおいがする。また、血のにおいがする。「―・い風が吹く」
僧が戒律を守らず堕落している。俗臭が鼻につくさま。「―・い坊主」
欲望・利害などがからんでいるさま。「政界と財界との―・い癒着」
生意気である。こしゃくである。
「―・い男呼ばり、置け置け、置いてくれ」〈浄・寿の門松
[派生]なまぐささ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone