生飯・散飯(読み)さんば

  • さんぱん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「生飯」の唐宋音よみ「さんぱん」から) 食前に飯を少し取って別の器に移し鬼神、餓鬼などに供えるもの。さば。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※仮名草子・片仮名本因果物語(1661)上「其子細は彼和尚毎朝念比(ねんごろ)に、法界を憐み、生飯(サンバ)を取給ふ」
〘名〙 (「さんぱん」は「生飯」の唐宋音で、禅家の読み方。経家では呉音で「しょうぼん」と読む) 食前に衆生に与えるために飯の上部から少量をとりわけて供するもの。さば。さんば。
※東山往来拾遺(1092‐1107頃)「請取聖人食、上分散飯与児令食」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android