コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業合理化運動 さんぎょうごうりかうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

さんぎょうごうりかうんどう【産業合理化運動】

労働生産性の向上によって利潤の増大を図るという意味での一般的な産業の合理化は,いわば資本主義の歴史とともに古い。しかし,歴史的用語としてのそれは,もっぱら1920年代に欧米各国での国民運動として提唱された一連の産業政策をさしている(〈合理化〉の項参照)。この1920年代欧米での動向は大正末期の日本にもいちはやくとり入れられ,テーラー・システム(科学的管理法)の紹介や各企業ごとの能率の増進などが図られ,綿紡績業などで一定の具体的成果をもたらしつつあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の産業合理化運動の言及

【合理化】より

… このような意味での合理化は資本主義の発生とともに始まったといってよいが,合理化という言葉が広く用いられるようになったのは,第1次大戦後にドイツをはじめ各国で合理化運動が展開されるようになって以降のことである。第1次大戦後のドイツでは,再建金本位制のもとでの厳しい国際競争にたえて賠償債務を支払いつつ国民経済を維持していくために,ドイツ工業全国同盟の提唱にもとづいて,国家的機関としての帝国合理化本部の指導のもとに産業合理化運動が展開された。この運動は労働の生産性をできるだけ高めるために必要なあらゆる技術的・組織的手段を講ずることを目的とし,これに対する労働者の協力を組織しようとしたものである。…

【生産性向上運動】より

…生産性運動とも呼ばれる。両大戦間にはドイツの産業合理化運動やアメリカの無駄排除運動などが各国別に実施されたのに対し,生産性向上運動はアメリカによる対外援助政策の一環として開始された点に特徴がある。援助政策の目的は,被援助国の経済復興と経済発展を通じて国民の生活水準を上昇させ,それによって社会主義化を食い止めることにあった。…

※「産業合理化運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産業合理化運動の関連キーワードテーラー・システムアメリカ的生産方式合理化(経営)産業合理化政策生産性向上運動中嶋久万吉労働生産性中島久万吉職業訓練

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android