コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産科ショック さんかしょっくObstetrical Shock

家庭医学館の解説

さんかしょっく【産科ショック Obstetrical Shock】

[どんな病気か]
 ショックとは、重要な臓器への血液の供給や、からだ全体への酸素の運搬などが極度に低下して、顔色が悪くなったり、血圧低下や手足が冷たくなってくる状態をいいます。
 妊娠・分娩(ぶんべん)・産褥(さんじょく)と直接関係のある原因でおこる場合を産科ショックといい、原因となる病気にはさまざまなものがあります。重症になると脈拍(みゃくはく)が触れなくなり、呼吸不全の状態におちいります。
[治療]
 ショックに対する適切な救急処置が重要となります。輸液療法、酸素吸入療法や人工呼吸薬物療法などを行ないます。出血している部位を確認し、止血の処置を行なうことも重要です。さらに、原因となっている病気に対する治療も行ないます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

産科ショック
さんかしょっく
obstetric shock

一般に産科領域でみられるショックの総称であるが、実際には妊産婦が循環不全によってショック状態に陥った場合をさしている。胎児や新生児のショック状態は、広く仮死という概念のなかに含まれている。
 妊娠、分娩(ぶんべん)および産褥(さんじょく)時に陥るショック状態の大半は、大量の出血があった場合にみられ、出血性ショックとよばれる。原因としては子宮外妊娠の破裂、流産をはじめ、前置胎盤、胎盤早期剥離(はくり)、子宮破裂、静脈瘤(りゅう)の破裂、血液凝固障害などがあげられる。このほかに、腰椎(ようつい)麻酔に伴うものや胎盤用手剥離などを行った場合、仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群(妊娠子宮が下大静脈を圧迫して血圧が下降する)などによる非出血性ショックもある。
 産科ショックの特徴としては、(1)失血以外の原因による場合もあるので、止血と輸血以外の治療も必要となる、(2)原因の除去によって速やかに治癒する場合が多い、(3)胎児や胎盤のことを念頭に置く必要がある、などがあげられる。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

産科ショックの関連キーワード分娩後出血林 基之胎盤

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android