コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中冬二 たなか ふゆじ

5件 の用語解説(田中冬二の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中冬二

詩人。福岡県生。本名は吉之助。立教中学卒。銀行勤務の傍ら詩作。処女詩集『青い夜道』等で新進叙情詩人としての地位を確立。主な詩集に『花冷え』『晩春の日に』等。高村光太郎賞受賞。「四季」同人。日本現代詩人会会長。昭和55年(1980)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中冬二【たなかふゆじ】

詩人。本名吉之助。福島市生れ。立教中学卒。第三銀行(現,富士銀行)に定年まで勤務した。のちの第一書房社主長谷川巳之吉に認められて,1929年第1詩集《青い夜道》を刊行,翌年の第2詩集《海の見える石段》とともに注目を浴びた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中冬二 たなか-ふゆじ

1894-1980 昭和時代の詩人。
明治27年10月13日生まれ。第三銀行(のちの富士銀行)にはいり,かたわら詩作にはげむ。昭和4年「青い夜道」でみとめられ,16年「四季」同人。37年「晩春の日に」で高村光太郎賞。日本現代詩人会会長。「田中冬二全集」がある。昭和55年4月9日死去。85歳。福島県出身。立教中学卒。本名は吉之助。
【格言など】ほしがれひをやくにほひがする ふるさとのさびしいひるめし時だ(「青い夜道」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中冬二
たなかふゆじ

[生]1894.10.13. 福島
[没]1980.4.9. 東京,日野
詩人。本名,吉之助。中学校卒業後,地方での銀行勤務のかたわら詩作に励み,第1詩集『青い夜道』 (1929) で認められた。『詩と詩論』を経て『四季』に参加,短詩のなかに伝統的風物への清純なノスタルジーを叙した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中冬二
たなかふゆじ
(1894―1980)

詩人。福島市に生まれる。本名吉之助。立教中学を終えて銀行員となる。詩作は1921年(大正10)ごろから本格的となる。『詩聖』『パンテオン』『オルフェオン』を経て、40年(昭和15)『四季』に参加。詩は澄明精緻(せいち)な叙情。詩集は『青い夜道』(1929)以後、『海の見える石段』(1930)、『山鴫(やましぎ)』(1935)、『故園の歌』(1940)、『山の祭』(1947)、『晩春の日に』(1961)、『葡萄(ぶどう)の女』(1966)、『サングラスの蕪村(ぶそん)』(1976)など。「しぶしぶと雨が降り/新蕎麦(そば)とかいた行燈(あんどん)が出てゐた/山がせまり 二つの谷が落ちあつてゐた」(小さな山の町)。句集、随筆集もある。[安藤靖彦]
『『日本の詩19 田中冬二他集』(1979・集英社) ▽『研究資料現代日本文学7』(1980・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中冬二の関連キーワード杜詩上田敏雄緒方昇加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき正富汪洋三野混沌

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中冬二の関連情報