コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田宮博 たみやひろし

3件 の用語解説(田宮博の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田宮博
たみやひろし

[生]1903.1.5. 大阪
[没]1984.3.20. 東京
生理化学者。 1926年東京大学植物学科卒業。ドイツフランスに留学後,39年同大学助教授,43年教授。植物生理学細胞生理学微生物について研究し,特に光合成の研究で世界的な評価を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田宮博 たみや-ひろし

1903-1984 昭和時代の植物生理学者。
明治36年1月5日生まれ。昭和18年東京帝大教授となり,同大応用微生物研究所長をつとめた。柴田桂太のもとで細胞の代謝生理などを研究。光合成の研究,クロレラ培養法の開発で知られる。40年学士院賞,52年文化勲章。昭和59年3月20日死去。81歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「光合成の機作」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田宮博
たみやひろし
(1903―1984)

植物生理学者。大阪府生まれ。1926年(大正15)東京帝国大学理学部を卒業、その後同大理学部植物学科教授を経て、東大応用微生物研究所教授となる。1963年(昭和38)退官、東大名誉教授。徳川生物学研究所所長。光合成の機作に関する研究は世界的に高く評価され、日本の光合成研究の発端となった。また藻類の発育生理に関する研究、とくにクロレラの同調培養法の成功は有名である。学士院賞(1965)、文化勲章(1977)を受ける。学士院会員。著書に『光合成の機作』ほかがある。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田宮博の関連キーワード坂村徹三好学芦田譲治郡場寛田沢仁服部静夫吉井義次長松篤棐ペッファー植物生理学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone