コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田捨女 デンステジョ

4件 の用語解説(田捨女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でん‐すてじょ〔‐すてヂヨ〕【田捨女】

[1633~1698]江戸前期の女流俳人。丹波の人。父は郡の代官。北村季吟に和歌・俳諧を学んだ。夫の死後剃髪し、貞閑と名のって参禅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田捨女 でん-すてじょ

1633-1698 江戸時代前期の俳人。
寛永10年生まれ。丹波氷上郡(兵庫県)柏原(かいばら)の代官田季繁の娘。6歳で「雪の朝二の字二の字の下駄のあと」とよんだという。北村季吟・湖春,宮川松堅(しょうけん)に和歌と俳諧(はいかい)をまなぶ。結婚して家督をつぐが,夫の死後,出家。盤珪永琢(ようたく)に師事し,貞閑と改名,播磨(はりま)(兵庫県)竜門寺のそばに不徹庵をかまえた。元禄(げんろく)11年8月10日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田捨女

没年:元禄11.8.10(1698.9.13)
生年:寛永10(1633)
江戸前期の俳人。丹波国氷上郡(兵庫県)柏原の名家田助右衛門季繁の娘。名はステ。出家後貞閑尼。継母の連れ子左衛門季成と結婚して,5男1女の母となる。夫と共に北村季吟・湖春,宮川松堅に和歌,俳諧を学び,季吟系の俳書に多くの入集句がみられる。41歳で夫と死別,6年後に出家上京,盤珪永琢に帰依し,禅道に精進する。『続近世畸人伝』に,6歳のとき「雪の朝二の字二の字の下駄の跡」と詠んで人を驚かせたと伝えられ,いろいろな階層,職業の女性を描いた西川祐信の絵本『百人女郎品定』(1723)に「女俳諧」の代表としてその名が載る。<参考文献>上野さち子『女性俳句の世界』

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田捨女
でんすてじょ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田捨女の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年立圃英仲法俊虚屋性宙竹馬光篤田艇吉藤原氷上娘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone