コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原六四郎 うえはらろくしろう

5件 の用語解説(上原六四郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上原六四郎
うえはらろくしろう

[生]嘉永1(1848).12. 江戸
[没]1913.4.1. 東京
教育家,尺八家。旧名重之。尺八の芸号虚洞。岩槻藩士の子として生れ,明治2 (1869) 年開成所でフランス語を学ぶ。 1875年陸軍士官学校に出仕。 77年西南戦争に際して軽気球を製作。 82年音楽取調掛に出仕,その後身である東京音楽学校で音響学を講義。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原六四郎 うえはら-ろくしろう

1848-1913 明治時代の音楽理論家,物理学者。
嘉永(かえい)元年12月生まれ。開成学校にまなび,陸軍士官学校教官などをへて,明治15年から音楽取調掛,東京音楽学校(現東京芸大)で音響学をおしえる。尺八を初代荒木古童(竹翁)にまなび,尺八譜を改良。軽気球の製作,手工(工作)教育でも知られた。大正2年4月1日死去。66歳。江戸出身。号は虚洞。著作に「俗楽旋律考」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上原六四郎

没年:大正2.4.1(1913)
生年:嘉永1.12(1848)
明治期の音楽理論家,物理学者。旧名は重之。江戸下谷長者町生まれで,武州岩槻藩(埼玉県)藩士。開成学校(東大の前身)に学び,陸軍士官学校,東京高等師範学校などで教官を務め,東京音楽学校,東京美術学校など多くの学校で教鞭をとった。手工(工作)教育の先駆者としても知られる。尺八をよくし2代目荒木古童に師事,虚洞と号した。それまでの尺八譜を改良し,尺八楽の発展にも大いに貢献している。明治28(1895)年刊行の著書『俗楽旋律考』(復刊,1927)は,日本伝統音楽の音階研究における最初の科学的業績として名高い。

(瀬山徹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うえはらろくしろう【上原六四郎】

1848~1913) 音楽理論家・工作教育者。江戸の人。邦楽の音階を研究し「俗楽旋律考」を著す。尺八の名手。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上原六四郎
うえはらろくしろう
(1848―1913)

明治の音楽理論家、物理学者、尺八家、手工(工作)教育者。江戸生まれ。開成学校(東京大学の前身)に学び、陸軍士官学校、音楽取調掛、東京音楽学校、高等師範学校等の教官を歴任。軽気球の製作や手工教育の先駆者としても知られるが、音楽関係の功績がもっとも著しい。尺八家2世古童(こどう)(竹翁)の門人で、虚洞(きょどう)と号し、従来の尺八譜の改良である点符式記譜法を創案、リズム表示を可能にした。音楽理論面では、日本の音階に関する最初の科学的研究書『俗楽旋律考』(1892著、1895刊。1927復刊)の著作で有名。[月溪恒子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上原六四郎の言及

【田舎節】より

…上原六四郎(1848‐1913)が《俗楽旋律考》(1895)の中で命名した日本の音階の名称の一つ(図)。上原は日本の音楽を都会の音楽(義太夫節や長唄など近世邦楽)と田舎の音楽(民謡など)に分け,それぞれ異なった音階を持つとした。…

【音階】より

…また江戸時代以後の代表的ジャンルである三味線音楽や箏曲,尺八楽,琵琶楽などでは,音階理論に関係の深い理論用語はもっているが,近代西洋理論の音階に相当する理論的概念はほとんど見あたらない。17世紀末(元禄時代)の和算家である中根元圭のように,雅楽の音階と俗楽(当時の三味線や箏の音楽)の音階との関係を真剣に考えた理論的研究もあったが,日本の音楽の全般的視野に立って,その基本音階を考えたのは,明治中期の上原六四郎《俗楽旋律考》が最初である。そののち多くの研究家が音階を論じ,新しい体系化を試みたが,結局伝統的な雅楽の音階論を出発点とするという点において,大部分のものは共通している。…

【俗楽旋律考】より

…音楽理論書。物理学者,手工(工作)教育家で尺八家でもあった上原六四郎(虚洞,1848‐1913)の著。上原は,西南戦争の際に軽気球を製作・試乗したことでも知られるが,1882年音楽取調掛に出仕,その後身である東京音楽学校(現,東京芸術大学音楽学部)で音響学を講じた。…

【都節】より

…上原六四郎(1848‐1913)が《俗楽旋律考》(1895)の中で命名した日本の音階の名称の一つ。江戸時代に都会で発生し流行した芸術音楽(義太夫や長唄など)に多くみられる,半音を含む音階(陰旋法)で,民謡などの田舎節(いなかぶし)と名づけられた半音を含まない音階(陽旋法)と対立する。…

※「上原六四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上原六四郎の関連キーワード古典物理学実験物理学数理物理学タムベーテモーリー理論物理学理論家メーデルキルンベルガー

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone