コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗楽旋律考 ぞくがくせんりつこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

俗楽旋律考
ぞくがくせんりつこう

日本音楽の理論書。上原六四郎著。 1895年刊。最初の本格的な日本伝統音楽の音階に関する研究書。洋楽が入ってまもないにもかかわらずきわめて科学的な研究で,今日の研究の重要な基礎を築いた。この研究で俗楽陰陽の2種類の音階があること,また五音音階であることなどのすぐれた発見がなされた。しかし旋法と音階の概念を混同する結果を招いたことや民謡の資料不足による誤りなど欠点を指摘される面も少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞくがくせんりつこう【俗楽旋律考】

音楽理論書。物理学者,手工(工作)教育家で尺八家でもあった上原六四郎(虚洞,1848‐1913)の著。上原は,西南戦争の際に軽気球を製作・試乗したことでも知られるが,1882年音楽取調掛に出仕,その後身である東京音楽学校(現,東京芸術大学音楽学部)で音響学を講じた。一方,荒木古童(竹翁)に琴古流尺八を学んで,現行の点譜式楽譜の原型を創案。本書は95年8月15日金港堂より刊行。和装113ページ,漢文書下し体で,仮名は片仮名,句読点はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の俗楽旋律考の言及

【都節】より

…上原六四郎(1848‐1913)が《俗楽旋律考》(1895)の中で命名した日本の音階の名称の一つ。江戸時代に都会で発生し流行した芸術音楽(義太夫や長唄など)に多くみられる,半音を含む音階(陰旋法)で,民謡などの田舎節(いなかぶし)と名づけられた半音を含まない音階(陽旋法)と対立する。…

※「俗楽旋律考」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

俗楽旋律考の関連キーワード上原 六四郎歌舞音楽略史田舎節都節

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android