男/夫(読み)オ

デジタル大辞泉の解説

お〔を〕【男/夫】

《「雄(お)」と同語源。「女(め)」に対する語》
おとこ。男子。
「吾が大国主汝(な)こそは―にいませば」〈・上・歌謡〉
おっと。
「吾(あ)はもよ女(め)にしあれば、汝(な)を置(き)て―はなし」〈・上・歌謡〉
(「雄」「牡」とも書く)他の語の上または下に付いて複合語をつくる。
㋐男性、または動植物のおすを表す。「―牛」「―花」「益荒(ますら)―」
㋑一対の物のうち、大きいもの、または男性的と思われるほうのものを表す。「―岳」「―竹」
㋒おおしい、勇ましい意を表す。「―たけび」「―

おと‐こ〔をと‐〕【男】

《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。「おとめ」に対する語》

㋐人間の性別で、子を産ませる能力と器官をもつほう。男性。男子。⇔
㋑人以外の動植物で雄性のもの。おす。「馬」
成熟した男性。子供を産ませる力を持つようになった男性。また、一人前の男子。「になる」
強いとかたくましいとか、一般に1が備えていると考えられる性質をもっている人。「たるもの初志を貫徹せよ」
男子としての面目、体面。また、男ぶり。「が立つ」「をあげる」
情夫。情人。愛人。「ができる」
男子の奉公人。下男。「を何人も使って商売をやる」
(接頭語的に名詞の上に付いて)一対のもののうち、大きいほうのもの、険しいほうのものなどを表す。「坂」
(上代、少女(おとめ)に対して)未婚の若い男子。
「あなにやし、え―を」〈・上〉
夫婦関係にある男子。夫。
「乳母なる人は、―なども無くなして」〈更級
10 出家していない男子。
「西行法師―なりける時」〈十訓抄・八〉
11 元服した男子。
「汝七歳にならば―になして」〈平家・二〉
12 男色。若道(にゃくどう)。
「順礼にはあらぬ―修行の君」〈浮・三代男・二〉

だん【男】[漢字項目]

[音]ダン(漢) ナン(呉) [訓]おとこ
学習漢字]1年
〈ダン〉
おとこ。「男子男児男女男性男装男優
五等爵の第五位。「男爵
〈ナン〉
おとこ。「男色下男(げなん)美男善男善女(ぜんなんぜんにょ)
むすこ。「次男嫡男長男・一男一女」
〈おとこ〉「男前作男(さくおとこ)間男(まおとこ)雪男
[名のり]お・おと
[難読]男郎花(おとこえし)益荒男(ますらお)

なん【男】[漢字項目]

だん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとこ【男】

〔若返る意の「をつ」と同源かといわれる。「をとめ」に対する〕
ヒトの性のうち、女を妊娠させるための器官と生理をもつ方の性。男性。男子。 ⇔ おんな
雄々しさ・強さ・潔さ・積極性など、一般に男性にそなわると考えられている特質に着目した場合の、男性。 「天河屋の義平は-でござるぞ/浄瑠璃・忠臣蔵」
成人した男性。成熟した男性。 「 -になる」 「もう一人前の-だ」
女性が異性として愛する男性。愛人。情夫。 「娘に-ができたらしい」 「 -をつくる」
男性としての価値。また、男の名誉・面目。 「 -を下げる」 → 男が廃すた
男性の奉公人。下男。 「 -衆」
女性と結婚の関係にある男性。夫。 「よき人の-につきて下りて住みけるなり/土左」
出家しない男性。俗世間で生活する男性。 「そのやすら殿は-か法師か/徒然 90
男の容貌ようぼう。男ぶり。 「 -もすぐれて女の好くべき風也/浮世草子・一代男 4

なん【男】

おとこ。 〔日葡〕
息子。 「わが三歳の-、成人の後掘出してとらせよ/曽我 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おと‐こ をと‥【男】

〘名〙 人間のうち、精子をつくる器官をそなえている方。
① 若々しく生命力の盛んな男子。⇔少女(おとめ)
(イ) 青年の男。成年に達した男性。
※古事記(712)上「麗(うるは)しき壮夫(ヲトコ)に成りて出で遊行(あそ)びき〈壮夫を訓みて袁等古(ヲトコ)と云ふ〉」
※書紀(720)神代上「憙哉(あなうれしゑや)可美(うまし)少男(ヲトコ)に遇ひぬること〈少男、此をば烏等孤(ヲトコ)と云ふ〉」
(ロ) 元服して一人前となった男子。→男になす男になる
② 老幼に関係なく、男性。男子。⇔女(おんな)
※万葉(8C後)二〇・四三一七「秋野には今こそ行かめもののふの乎等古(ヲトコ)(をみな)の花にほひ見に」
※土左(935頃)発端「をとこもすなる日記といふものを、女(をむな)もしてみんとてするなり」
③ 夫婦関係、男女関係での男性。
(イ) 夫。良人。妻に対する配偶者。
※古今(905‐914)雑下・九七三・左注「昔おとこありけるをうなの、おとこ訪はずなりにければ」
(ロ) 情人。情夫。
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉冬「妓は皆舸夫を情夫(ヲトコ)や小夜千鳥〈六花〉」
④ 出家していない男性。在俗の男性。
※成尋母集(1073頃)「法師なるも、おとこなるも、おとづれつとして」
⑤ 召使いの男性。下男。奉公人。
※源氏(1001‐14頃)若紫「おとこどもぞ御簾(みす)のとにありける」
浮世草子・傾城歌三味線(1732)二「是非なく男になりまして、此東後屋(とうごや)へ料理人にありつき」
⑥ 男性としての特質。また、その特質を持った男性。
(イ) 男らしい男子。雄々しい男子。りっぱな男子。
※曾我物語(南北朝頃)五「弓矢を取るも、取らざるも、おとこと首をきざまるる程の者が」
(ロ) 男子としての面目。名誉。男子の意地。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「あいつもおとこ磨くやつ、をれが難儀(なんぎ)も知ってゐる」
(ハ) 男ぶり。男前。男子の容貌。
※浮世草子・好色一代男(1682)四「あたまつき、人に替り、男(オトコ)も勝れて、女のすくべき風(ふう)也」
⑦ 雄性のもの。おす。「男犬」「男柱」等の熟語形で用いることが多い。
⑧ 対になったもののうち、大きい、けわしいなどの性質をそなえている方。「男坂」「男山」など。
[語誌](1)「ひこ(彦)」「ひめ(姫)」などと同様、「こ」「め」を男女の対立を示す形態素として、「をとめ」に対する語として成立した。「をと」は、「をち(復)」「をつ(復)」と同語源とみられ、若、未熟を意味する。
(2)本来、若い青年男子(とりもなおさず結婚適齢期にあることを意味する)を指したが、上代からすでに「をみな(をむな・をんな)」と対の関係が成立して、年代・世代を問わず男性(一般)を指す語となった。

おとこ‐をとこ‥【男】

〘形シク〙 いかにも男という感じである。男らしい。⇔女し
※浮世草子・古今堪忍記(1708)三「いまより男しきふるまひなせそ、いづかたにも似つかはしき方に縁もこそあれ」

だん【男】

〘名〙
① おとこ。男子。男性。〔易経‐繋辞上〕
② むすこ。せがれ。子息。〔易経‐説卦〕
③ わかもの。元気さかんな者。壮丁。
五等爵の第五位。旧華族制度でいう。ヨーロッパの貴族の階級についても用いる。男爵。
※号外(1906)〈国木田独歩〉「『加ト男(ダン)』とは『加藤男爵』の略称」 〔礼記‐王制〕

なん【男】

〘名〙
① おとこ。おのこ。男性。だん。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「また、これ男(ナン)(〈注〉ヲトコ)、これ女(にょ)と分別せされ」
② 息子。せがれ。だん。
※太平記(14C後)一二「君は何の処の人、誰が家の男(ナン)にて御坐(おはします)ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の男/夫の言及

【性】より

…〈性〉ということばにはさまざまな意味がある。まず〈性〉は生物の多くの種にみられる二つの表現形態の区別で,ヒトであれば男性―女性,動植物であれば雄性(雄)―雌性(雌)の区別を意味する。次に,この二つの性が存在するところから生じる行動,現象も一般に〈性〉といわれる。…

※「男/夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android