コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑中武夫 はたなかたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畑中武夫
はたなかたけお

[生]1914.1.1. 和歌山
[没]1963.11.10. 東京
天体物理学者。東京大学天文学科を卒業 (1937) ,東京天文台に入る。東京大学教授 (48) 。電波天文学を推進し,恒星進化の理論を展開した。月の裏側のクレータの一つが彼の名にちなんで「ハタナカ」と名づけられた。遺著に『宇宙空間への道』 (64) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑中武夫 はたなか-たけお

1914-1963 昭和時代の天文学者。
大正3年1月1日生まれ。萩原雄祐(はぎわら-ゆうすけ)に師事。昭和28年東大教授。電波天文学を日本に導入し,各地の電波望遠鏡設置につくす。30年恒星の進化と元素の起源に関するTHO理論を発表した。昭和38年11月10日死去。49歳。和歌山県出身。東京帝大卒。著作に「宇宙と星」「宇宙空間への道」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑中武夫
はたなかたけお
(1914―1963)

天文学者。日本の電波天文学の開拓者。和歌山県新宮(しんぐう)市に生まれる。1937年(昭和12)東京帝国大学理学部天文学科を卒業、助手を経て、1945年講師となり、萩原雄祐(はぎわらゆうすけ)の下で惑星状星雲の放射機構を理論的に研究し学位を得る。第二次世界大戦後、電波天文学の情報が日本にもたらされるや、率先して研究主題をこれにかえ、東京天文台に新設された天体電波部を担当し、新知識の受容と新施設の充実に陣頭指揮した。口径6メートルのパラボラアンテナによる太陽電波の偏波測定などの当初の研究が、今日、野辺山(のべやま)宇宙電波観測所の口径45メートル電波望遠鏡の基礎づけとなった。1957年(昭和32)スプートニク1号が打ち上げられて以来、国際的に活躍し、月の裏側のクレーターにその名をとどめた。[島村福太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

畑中武夫の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android