コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原雄祐 はぎわらゆうすけ

7件 の用語解説(萩原雄祐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原雄祐
はぎわらゆうすけ

[生]1897.3.28. 大阪
[没]1979.1.29. 東京
天文学者東京大学天文学科卒業 (1921) 。東京大学教授 (35~57) 。 1946年より東京天文台台長として戦災の復興にあたり,50年乗鞍コロナ観測所の設立,60年天体物理観測所 (岡山県竹林寺山) の 188cm反射望遠鏡 (東洋最大) の設置などに尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はぎわら‐ゆうすけ〔はぎはら‐〕【萩原雄祐】

[1897~1979]天文学者。大阪の生まれ。東大卒。東大教授・東京天文台長。天体力学・理論天体物理学を専攻し、衛星や惑星等の運動を研究した。乗鞍(のりくら)コロナ観測所岡山天体物理観測所の設立に尽力したことでも知られる。著作に「天体力学の基礎」など。昭和29年(1954)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

萩原雄祐【はぎわらゆうすけ】

理論天文学者。大阪市出身。1921年東京帝国大学卒。1935年東大教授,1960年宇都宮大学長。第2次世界大戦後は東京天文台,乗鞍太陽コロナ観測所の建設に尽力,1960年には188cm反射望遠鏡を岡山県に設置(岡山天体物理観測所)するなど,日本の天文学の興隆に貢献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原雄祐 はぎわら-ゆうすけ

1897-1979 大正-昭和時代の天文学者。
明治30年3月28日生まれ。昭和10年東京帝大教授,21年東京天文台長となり,乗鞍(のりくら)山頂のコロナ観測所,岡山天体物理観測所の建設につとめた。国際天文学連合副会長。29年文化勲章。昭和54年1月29日死去。81歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「天体力学の基礎」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はぎわらゆうすけ【萩原雄祐】

1897‐1979(明治30‐昭和54)
大阪市の生れ。1921年東京帝国大学を卒業後,同学において天体力学,理論天体物理学の研究・教育に携わり,日本の現時における天文学興隆の基礎を築いた。とくに1946年に東京天文台長となって戦後の復興に尽力し,乗鞍太陽コロナ観測所および188cm反射望遠鏡を擁する岡山天体物理観測所の建設に心血を注いだ。《天体力学Celestial Mechanics》(英文,5巻9冊)は,晩年の大著であり斯界の金字塔をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はぎわらゆうすけ【萩原雄祐】

1897~1979) 天文学者。大阪生まれ。東大教授・東京天文台長・東北大教授。衛星や惑星等の運動を研究。乗鞍コロナ観測所・岡山天体物理観測所などの設立に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩原雄祐
はぎわらゆうすけ
(1897―1979)

天文学者。日本の天体力学の先駆者。大阪市に生まれる。1921年(大正10)東京帝国大学理学部天文学科卒業と同時に天文学教室助手兼東京天文台技手となる。平山清次(きよつぐ)に天体力学の指導を受け、1923年助教授昇進と同時に2年間欧米へ留学し、エディントンやバーコフの講義に親しみ、理論天文学の素地を培う。1930年(昭和5)太陽系の力学的安定性に関する研究で学位を得、1935年教授兼技師となり、1944年学士院会員、1946年(昭和21)天文台長に就任した。台長在任中、乗鞍(のりくら)コロナ観測所(1949年開設)、岡山天体物理観測所(1960年開設)の二つの付属観測所の設立に努力し、また電波天文学に熱意を注ぎ、のちの野辺山(のべやま)の電波観測所の基礎を固めた。1954年文化勲章受章。1957年東京大学退職後も東北大学教授、宇都宮大学学長を歴任。国際天文学連合副会長はじめ多くの要職についた。著書に名著『天体力学の基礎』(1976)があり、惑星状星雲の量子論的研究に関する論文などもよく知られる。[島村福太郎]
『『天体力学の基礎』(1976・生産技術センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩原雄祐の関連キーワード佐々木隆興雉本朗造駒井卓柴田桂太白鳥庫吉辻村太郎帝国大学松本亦太郎東京帝国大学東京帝国大学セツルメント

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone