爪印(読み)ツメイン

世界大百科事典 第2版の解説

つめいん【爪印】

爪痕(あと)を印としたもの。爪判(そうはん),〈そういん〉ともいう。紀元前8世紀のメソポタミア楔形(くさびがた)文字の粘土版に見える。これは土地売買の契約証文であり,世界最古の爪印資料である。日本の爪印資料は14世紀のものが知られているが,最近の研究では9世紀にまでさかのぼる資料の確認ができた。8世紀の奈良時代に中国から伝わって慣習法として後世に普及したこととなる。近世日本の爪印は天皇裁可や吟味物(火付,人殺し,盗賊など重科のもの)には常用されていて,宗門改めには〈15歳以下60歳以上には爪印をさせた〉と文献に見える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つめいん【爪印】

親指の先に墨や印肉をつけておし、花押かおうまたは印の代わりとしたもの。拇印ぼいん。爪形。爪判つめばん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爪印
つめいん

爪判(つめばん)、爪形(つめがた)、拇印(ぼいん)ともいう。親指の先に印肉をつけて押捺(おうなつ)し、印判(いんぱん)、書判(かきはん)のかわりとした。平安末期からみられ、江戸時代には戸主以外の庶民はほとんどこれを用い、訴訟当事者や罪人の口書(くちがき)にも爪印が押された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つめ‐いん【爪印】

〘名〙
① 花押(かおう)または印章の代わりに指先に印肉をつけておすこと。また、その印。爪判。爪形。普通、幼年者、女子もしくは無筆者にみられたが、印判を持ちあわせていないため行なわれた場合もある。〔禁令考‐後集・第四・巻三一(江戸中後か)〕
② 江戸時代の刑事裁判で、被疑者が口書(くちがき)に捺印する場合に用いられた印。重罪にあたる被疑者は吟味中入牢させられ、普通、印を所持していないため、この方法がとられた。ただしこれは庶民に限られ、武士には書判(かきはん)を書かせた。爪判。〔市尹秘録‐一・吟味方勤方之事(1798)(古事類苑・法律五八)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の爪印の言及

【爪印】より

…紀元前8世紀のメソポタミア楔形(くさびがた)文字の粘土版に見える。これは土地売買の契約証文であり,世界最古の爪印資料である。日本の爪印資料は14世紀のものが知られているが,最近の研究では9世紀にまでさかのぼる資料の確認ができた。…

【拇印】より

…そのため指印といわれることもある。また古くは爪印ともいわれた。指紋によって本人が押したかどうかを識別することが可能であるので,押印する必要がある者が印章を持ち合わせていない場合に臨時のものとして用いられることがある。…

【略押】より

花押(かおう)の代りに用いられた簡略な記号,符号。略花押ともいい,古文書学上の名辞。花押を署記するだけの執筆能力のないもの,花押をもたない女性,未成年者などの間に用いられた。12世紀前半の大治~保延(1126‐41)ごろから現れ,中世を通じて,起請文(きしようもん),土地売券(ばいけん)などに多く用いられて17世紀に及んだが,印章(印判)使用の風が16世紀後半から広く庶民の間に広がり,江戸時代に入って,百姓町人が公式の届書に印章を押捺するようになると,17世紀中ごろ(寛永期)を境として,庶民の花押使用が激減し,それにともなって略押の使用例も急速に減少し,やがて消滅する。…

※「爪印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android